hyakunenseys◇ry ∞

daily÷diary=re...re...re...lyricall

rail road journey・太宰府


来たあ!



待ちに

まった電車が到着よ。

...かわゅ...この西鉄普通電車...



kawa-u・°



まるん と まぁろい

ミルキーカラーも車体フォルムも、

おもちゃ感いっぱい満載お絵描き帳の...



空想車両が出でたかな。



心の臓が

とくとく躍る、

足を踏みいりゃ運ばれる...



メアテまで



ここまで来たの。

あとは運転士さんに

お任せよ、ゆだねるね...乗りこむ。



車窓には、

本線を走ってゆく

同じような電車が見えた。

しずかな時間...ゆっくり、現実離れて。



railroadの途、

梅や太鼓橋の絵で

ラッピングをほどこされた観光列車...



" 旅人 " と、すれ違う...あれが。



さすが花やかね。

色使いの淡ひあわひ...花やかです。

帰都後まもなくして知ろうことには、



17年9月-列車旅人は re・new され、

ラッピングも塗り変わり

新車両になったとか。



後にも先にも

すれ違い会うは一瞬の、

走り抜けあい...さようなら。



最後の旅人を

見られて良かったよ。

すれ違えただけでも良かったよ。



思いがけず記念となった...今となれば。



空調ひんやり心地よい車内。

体から熱っけもひいて

涼んだ頃...



太宰府に着いた。



菅公様のお膝元、

駅ホームは和の趣きにして

そのランプ覆いは梅の柄...渋い、&...



徹底している。



なんに

つけるの なんに つけても、

スタンプ. . タンプ. . .スタンプ. ∴・°



してます、されてます、梅 紋 様。



御印ですものね。

ここから5分も歩けば、

もうまもなく総本宮...見参。



*-*-*-*-*