hyakunenseys◇ry ∞

daily÷diary=re...re...re...lyricall

rail road journey・ナイトクルーズ


なんだか

お楽しみ会チックな、

カラフル豆電球が頭上で

垂れさがるクルーズゲート待合い場。



...お楽しみ会。



ある意味、

そうかもしれないや。

かれこれ何分いたっけ、

ただただ船が到来するを待つ純心。



...いざ!



ゲートに

船が横付けられて。

乗りこむ瞬間わたしの足ときたら、

千鳥足...酔ってもないのに...千鳥足。



...いかんせん楽しみにしすぎて。



脱力したか痺れたか、

へなへなへなちょんのテイで

それでもどうにか乗船したわたしは...



アホかもしれない。



しかし、

ベスポジ窓際席は取るのだ。

...いかん。いかんせん、大迫力すぎて...



ス マ ホ キャ メ ラ ぢゃ 追 い つ け な ひ (泣)



噴きあがる水柱のシャープさ...



ふりかかる飛沫が

窓ガラスに当たって砕け、

てんでばらばら水玉模様は

星くずみたいに散らばった...水の玉砕。



° ♪ \ わあああ / ♪ °



同じ船に

乗りあわせた人たちと、

あげる歓声は 高らかく 混じわり...



昂ぶるハーモニーの賑やかな。



今日一日中、

ずっと...ずーーーと...

曇ってたもんだもの どんより どよーん。



° ♪ \ きゃあああ / ♪ °



せっかくさ。

ハウステンボスとやら、

来ましたのにさ曇っててさ。



°!\ ぉおおおぉ /!°



今 ぞ、

こ こ で 弾 け ん!

そんな 奇妙な奇妙な 一体感...あった。



after world



ひょんと

クラスメイトに、

なれたらね. . .いいよね. . .



お楽しみ会つづけましょ。



下船して、

ひとめぐりした運河を

見下ろせる橋の上に佇まう。



周遊した河すじを

傍から観るも、

一興。



さっきまで、

あのなかにいたの。

信じられないわ信じられなくても...本当。



こんな

うつくしい経験が、

堆積されて やがて 自分を支える...



思 い 出 層 に。



深まってゆくのね、

十重に二十重に

積みつくり。



瞼の裏に

映しだしては蘇る、

消えずの幻となりにけりなよ...



真秀ろばに。



*-*-*-*-*

rail road journey・遊歩


赤々く

灼けて10円玉色、

ブロンズに照りはゆるレンガ路の上...



足跡 つけたの 君たちだ。



ショップに

誘っているのでさあ。

寄っておいで ・.よ.・ 見ておいで...って、



そうね集客トラップね



わかってる。

わかってわっ...いてもっ...

入っちゃう ・.喜んで.・ 入っちゃう。



わざわざ足跡ふみふみホップステップ...



入店( ひっかかった )

虹色ベアーお買いあげ。

その他もろもろショップを巡るうち...



日は暮れなずみ、

夕べに うっすら 空を渡る

残んの昼よ...夜の帳がおりるまで...



東より、

遅れること

30分ほどの時差があるのね。



とくに

アテもさだめずと、

のんのん のんびり 気儘さまよう庭回り。



(( ...ぁぁ。...ぃぃ匂い... ))



植わる

草花からたちのぼるの。

自然の香気は淡いわ...ほのましくて...



あたり一帯をただよう清しいアロマ。



すぅ. ..吸って...ふぅ.. .吐いて。

吸 っ て 吐 い て 吸 っ て

吐 い て、



すぅ   ふぅ   すぅ・・・



植物の香で

肺を洗いざらすよな、

息つくのも愉しい...なんて...ことも...



生きている実感。



明かりが

次 また 次と、

つぎつぎに灯りはじめては...



夜の暗みが増してゆく。



夢幻のきらめき、

光の王国が現れるまで。

あと、もう...少し...少しだ。



それまでのひとときを、

遊覧船ですごしましょう。

運河クルーズに乗りだしますか。



*-*-*-*-*

rail road journey・ギヤマン城


よわく やわく しと降る

あがらない雨の

お蔭でした。



ギヤマンミュージアム



このお城で

長き時間を費やし癒し

することになろうとは. . .とはとは、と。



もともと、

工芸品や細工物などを

観るのが好きな癖も手伝い...



テンボスで

過ごした時の多くが、

ミュージアム最長となる。



ガラス細工の

ひとつ...また...ひとつに。

みとれ 魅せられして 感じた趣きは、



" ギヤマン想 " に

引き継いであるので

割愛するとし...ここが展示室よ。



その正面。



教会に

なぞらえてますな...

牧師さんが立っていたとして、



むしろ普通なんら不思議でなし。



事実、

この準教会空間で

挙式するプランも組めるのだとか。



千代に 八千代に 年代かさねゆく、

ギヤマンの品々で囲まれた

婚礼というのも...



幸先よろしう。



この展示室、

ジーザスもマリヤも

いなさらないから言うなれば...



亜聖堂ね。



*-*-*-*-*