hyakunenseys◇ry ∞

daily÷diary=re...re...re...lyricall

rail road journey・参列

念願の

長崎in路面電車初乗りを済ませ、

感動もひとしおに向かった平和祈念公園...



...手前の十字路。



トラブルを避けさせるために、

車の交通と人の混雑をテキパキ

手際よく捌く警備員と警察官の方々が...



カ ッ コ 良 か っ た。



階段横にある

白い屋根で覆われたほうは

エスカレーター、こちらから入場。



昇る途中で目にした

赤い木ノ花が印象に残って。

緑に囲まれたなかでの紅一点...



花に咲きなおして息吹いたね



...なにが?

...わからない自分でも。

...ただ、そんな気がした、だけ。



うねる人波まにま、

乗るか乗りこえるようにして

歩きつきました噴水広場前. . .平和の泉。



鳩と鶴



両の翼を

イメージして

表したという噴きあげる飛沫は、



すなわち水の翼なのね。



全国から寄贈された千羽鶴のなかに、

東京からも羽ばたいてきた

ひと群れをみつけ...



なんとなし嬉しい。



ここに

いない人たちは、

気持ちで参加してるんだ...



できるんだ。



想いを

形あるものに創りだして

贈ることも...ひとつの、手立て。



世界中から

平和祈念を捧げる人々が

ぞくぞくと集う多国籍な列へ...



私たちも参じる。



その途中には

モノクロ写真のパネル板が立ち、

順路を辿れば必然として見ることに。



「  .........。」



被曝者の姿、

上空から撮影した

投下直後の様子と...数枚が載っている。



記録にと、

スマホを向けて

撮りはすれ...撮りきれなかった...



やめた。



無意識に

震える指が入ってしまったの、

ポカ写真1枚を胸に納めて...戒めとする。



しかして...これが、



たったの73年前に起きた事実で、

平成は30年に及び年号も

変わりめにある当世...



廃絶どころか保有

されつづける、

核の...



力。



地球にはいらない、

宇宙に浮かぶ核融合...

太陽まるっと1コで、いいよ。



*-*-*-*-*

rail road journey・駅前電停


改札を

足早に通りこし、

カモメの広場まで来ると...



「!!」



すでに

始まっている式典を

街頭ビジョンで見守る多くの、



人また人。



ばらけた

視線は束ねられて、

ひとつの大きな目となるようよ...



鳥肌がたった。



祈りは

場所を越えて、

注ぐ まなざしにも 込もるのね...



急ごう。



(( ...間に合えるだろうか。))



なんせ今朝の地域ニュースでは

長崎市内のグラウンドで

ポールだか柱だかが、



強風に煽られ のきなみ 倒れた



との一報。

よって1時間繰りあげ、

早めに出発していたものの...



雨風で儘ならず停車すること度々。



けっきょく、

9分〜10分は

遅れてしまったのよ。



(( ...なんとしても参列したい。))



あわただしく

歩道橋を小走った先に

待っているのは...長崎電軌。



この長崎の旅で、

向こう3日間もっとも

お世話になる路面電車とご対面。



. .. ...( ;_;)「 ...ぅ、」. . .感 無 量。



本日二度めの、

感無量。これは、

子供の頃に憧れた世界。



異国情緒かほる日本の街で、

路面電車に乗るんだ

...ってこと。



それはいつしか、

生涯に一度っきりでもいい...

訪ねておきたい日本とつながる。



思い浮かべたのは、

長崎か函館の二択のみ。

遠く ひきのばしていた 幼ごころを...



西の地で果たした瞬間だった。



*-*-*-*-*

rail road journey・長崎駅ホーム


長崎駅のホームについた。



長崎駅の、

ホームについに、

ついに. . .ついに. . ....ついたあ!



感  無  量



東京駅を

出発してから早三日、

積もりつもった想いと約束は幾歳月か...



とうとう本当にこの日を現実としたわ。



日本発、

世界規模での催し...

平和祈念式典当日参加。



本丸の一



ライナーから下車して

ホームに降り立つ

一連の動きが...



もうまるで、

スローモードで送ら、...!?

な ん ぞ...な ん か い る...い る...



感慨に ひたりかけた その時じゃった。



おくんち龍、

あらわる あらわる。

すごすぎる 圧倒的存在感 すごすぎる...



鋭い、

牙・牙・牙・・・

お髭は 剣山のように つっ尖って、



ど え り ゃ あ 剛 毅。



よし、

では龍に喰らわれるです。

そんな 気分で目線で観念して 真下より...



ひとたまりもないなこれ。

甘嚙みもないなこれ。

絶対絶命あるのみ。



.........。



お髭が抜けて

穴ぽっちの部分、

真皮層が剥きだしの肉々しさ...



もう生えかわらなくって?




そんな

おくんち龍の

すぐ隣に立つ云々板はこちら。



ふるいふるい、

古の神様の...御使い。

広義では自然信仰のうちかな。



高度な

郷土芸能としても

根差した謂れに脱帽です。



ご当地龍の、

それこそ猛る剣幕に

度肝を抜かれ惹かれしたお次は...



改札ね。抜けましょう。長崎市内へ。



そうして、

胸いっぱいに

たずさえた約束を...



果たしにゆくよ。



*-*-*-*-*