hyakunenseys◇ry ∞

daily÷diary=re...re...re...lyricall

rail road journey・旧オルト邸


たいそう立派な門構え。

お家の外観 お偉い風な 存在感ったら、

ドッシリ ガッシリ ガタイが良いような...



重鎮、重鎮チックです。



そのはずでしょうねこの洋館、

木骨の他は煉瓦と石造りで堅固。

国の指定重要文化財なんだそうよ。



館のアタマになる屋根なんて、

桟瓦で葺かれて和なのに...

ならぶ柱は宮殿のよう。



赤ジュータン敷き。。。

豪勢な お部屋だけれど 内装は、

ベージュ系で落ちついてる品もある。



" 洋館 " と聞けば、

思い描くイメージに

ほぼぴったりなのだわ. . .旧オルト邸。



天窓のステンドガラスが. . .きれい。

差しこむ明かり うっすら 色づく。

裏手へ抜けましょう。



今でいうオーブン?

煙突が付いて...焼き釜?

台には煮炊きする焜炉のようなものも。



白タイルの流し台。

シミ汚れがついたままなのに、

そこはかとなく漂うのです清潔感が。



...、...、...、



この水回りで

食べ物の下拵えをしたり、

お洗濯物とか手洗いしたり...したかな。



貯蔵庫。

崖を切りくずして

つくられてる. . .天然冷蔵ね. . .冷えひえっ。



この当時、



日本は幕末から明治にかかる時代。

本州では良くて氷室でしょうに、

オルトの住居ではこの設備...



進んでる。



ぐるり一周、

生活を感じられた裏倉庫から

立派な表門側のポーチへ出戻る。



・・・洋風の縁側的。



・・・南国風リゾート地に来たようでも。



屋根と建物と庭園と。

和洋とりまぜられながら、

しっくり合う館がダントツ多いの長崎の...



多 国 籍 県 ぽ さ



これも、魅力。

洋館越しに歴史の一端へ触れあいながら、

お茶商人ウィリアム・J・オルト氏の邸宅を後にした。


*-*-*-*-*

rail road journey・ドックハウス


旧三菱、

第二ドックハウスより

一階内側から眺める庭園風景 。。。



なごやか・°



鳩のポッポちゃんは

日本全域に はばたき 幅ひろげて、

園でも元気に かっぽ. .かっぽ. . .闊歩. ♪・



惜しむらくは、



ハウス全景を撮らなんだ 。。。

人が引けるのを待つ

そのうちに...



すっかり うっかり 忘れてもーた。



鯉にあげる

撒き餌は金100円也。

子供ちゃんたち喜びはやって撒きまくるの図。



この洋館は、

もともと船乗りさんたちの宿。

二階に上がり居室をめぐりませう。



調度品は必要限のみ再現して置かれた印象。

お宿当時はソファだって絨毯だって、

あったのでしょうね。



てけ てけ てけ... .. .



夜の夜中に

歩きだしそうな

四つ足家具なのだわ。



てけ てけ てけ... . ♪・



棚の

お飾りとは思いずらいな、

演奏して楽しむ時を過ごしたかしら。



経年変化か、

やぶれかぶれた椅子だから

少々やさぐれ気味に座ってみたりなど。



...、...、...食 器 棚?



. . . が ら ー ん 。



どの

お部屋も飾りけが

取りはらわれた素っぴん空間に...



風が すくすく 通りぬけてくの。



さやさや

ささめく床の影、

風に靡かれ...あゎあゎひかる...葉っぱ色。



バルコニーに出よう。



遙かに望む稲佐山。

頂に聳えます展望台は、

雲や霞にけぶってた. . .登れないかも。



...ぉぉ。

あれが名に高き、

三菱重工造船所のレバークレーン地帯。



対岸にも世界遺産



明治時代から

壊れもせずに稼働して

いるのですってよ...すごい物だらけだ。



高台に建つ、

それはそれは綺麗な

ま白い西洋館より二階バルコニーから...



見晴るかす長崎港。




お池を控えた

すぐ遠くの海...海には、

タンカーぽっかり浮かんでる。


*-*-*-*-*

rail road journey・グラバー入園

お髭と帽子が

トレードマークなの、

観光スポット・ど定番theグラバー園。



押さえていくです . ♪・



どことなく

意識が ふ抜ける のぼせてる、

チケット売り場前のベンチにて。



ぽ ゃ ぁ ん √ ぽー ー ー・ ・  ・



涼ませるはずのミストが

噴きだされるなり蒸発してっちゃう、

あんまり暑っちー南山手...小高い丘の。



うごく歩道は

樹木に囲まれているけれど、

両側にガラスが嵌めてあるからね。



真夏の羽虫アタックに

ビビらないで済むしスムーズに

移動できて立ち乗りしたっきり楽ちん。



柱や欄干は

青磁の色味おびて、

まるで焼きもの造りな御殿廊なのでしょう。



上へ . . . 上へ . . . 上へ . . .



流れる

歩道ベルトから

わが目で追えるよ切れ間ない風景シネマ。



だんだん...近づいて...どんどん...遠のいて...



あっ!トンビ!



さっきまでいた大浦天主堂も越えたょ・°



チラ ッ キラ . +°



輝く木洩れ陽は

ビーズをまぶしたみたい、

映りこむ柱天井はレエスな影をかけて。



ガラス越しの空想次元 . . . 絵になるな。



もうすぐ

入り口へ着こう頃、

耳をつんざく蝉しぐれ。



いよいよ賑わい増しまして...



ここが

佳境と歌うか大コーラス、

welcome to GLOVEA GARDEN。


*-*-*-*-*