hyakunenseys◇ry ∞

daily÷diary=re...re...re...lyricall

rail road journey・遊歩


赤々く

灼けて10円玉色、

ブロンズに照りはゆるレンガ路の上...



足跡 つけたの 君たちだ。



ショップに

誘っているのでさあ。

寄っておいで ・.よ.・ 見ておいで...って、



そうね集客トラップね



わかってる。

わかってわっ...いてもっ...

入っちゃう ・.喜んで.・ 入っちゃう。



わざわざ足跡ふみふみホップステップ...



入店( ひっかかった )

虹色ベアーお買いあげ。

その他もろもろショップを巡るうち...



日は暮れなずみ、

夕べに うっすら 空を渡る

残んの昼よ...夜の帳がおりるまで...



東より、

遅れること

30分ほどの時差があるのね。



とくに

アテもさだめずと、

のんのん のんびり 気儘さまよう庭回り。



(( ...ぁぁ。...ぃぃ匂い... ))



植わる

草花からたちのぼるの。

自然の香気は淡いわ...ほのましくて...



あたり一帯をただよう清しいアロマ。



すぅ. ..吸って...ふぅ.. .吐いて。

吸 っ て 吐 い て 吸 っ て

吐 い て、



すぅ   ふぅ   すぅ・・・



植物の香で

肺を洗いざらすよな、

息つくのも愉しい...なんて...ことも...



生きている実感。



明かりが

次 また 次と、

つぎつぎに灯りはじめては...



夜の暗みが増してゆく。



夢幻のきらめき、

光の王国が現れるまで。

あと、もう...少し...少しだ。



それまでのひとときを、

遊覧船ですごしましょう。

運河クルーズに乗りだしますか。



*-*-*-*-*