hyakunenseys◇ry ∞

daily÷diary=re...re...re...lyricall

rail road journey・シーサイドライナーより


待ってました。



前照灯を

輝かせながら入線、

ピカピカお古は現役の気動車よ...



シーサイドライナー到着。



ライナーから

乗り降りする人たちは、

旅客に地元利用にと. . .半々の様子。



観光と生活。

別々でいながらも同時進行する

それぞれの営みを乗せて. . .さあ、出発。



大村湾の沿線を

のどかに快速してゆきます、

美しき青きシーサイドライナーは...



旧国鉄時代を

とどめたままの車内ですって。

窓も、座席もね、前時代そのもの。



時を繰り越し

活かされつづける、

古き良きレトロ車としても...乗る価値あり。



かつては

山岳地帯を走った馬力で、

今は海岸線を色あざやかに通りすぎぬ。



√ ガタン ゴトトン ガタタン ゴトン



耳好い響き。

車輪とレールが奏でる

traveling tone を 聴きながら...



√ ガタタン ゴトン ガタン ゴトトン



車窓を眺めた。

低ぅく垂れこむ

うすずみ雲は山々へ霧けぶり...



渺  渺  漠  漠。

豊かに水を湛えて、

海の サハラの ひろがりし。



(( 一面、一枚の水墨画だ... ))



ひときわ

大きな黒波に

扮したようなのは岩礁で...



√ ざざざざ



さざなむ

小さな白波ぶっつかり、

ぷくぷく泡と弾けては消えてった。



(( "水泡に帰す"、か。))



一点彼方へ

収束してくような...

あの、雲や海、風は、どこに帰る。



*-*-*-*-*