hyakunenseys◇ry ∞

daily÷diary=re...re...re...lyricall

rail road journey・誓い

浦上天主堂へゆきまする。



お堂へ

辿りつくために、

わかっていたのは方向だけよ...充分よ。



浦上天主堂へゆきまする。



通りいっぺん、

雨洗われて すがしい 道行きに、

アンジェラスの鐘が鳴るよ...鳴りわたる。



「  ...鳴ったね。」


「  ...鳴ったな。」



聴けた。

旅の前夜に二人で

話していたものでした、



祈りの音色を聴けたらね...って。



それが、

此処だった。

忘れた頃に鐘が鳴ったの...これは、



きっとギフト。



なんら

映えない裏通りにて、

淡い 希み 叶い 一等かがやいた...道。



" 天主堂の見える丘 " に来て。



すぐ目の前に感じる、

遠くにありし双塔の教会を眺める。

視界に とらえられる位置までは 着いたわ。



「  ...あれが。」


「  ああ。十代振りだよ、...、...、」



いつもなら、

他愛ない冗談や

罪のない笑い話が多いうちの人...



言葉少な。



少年時代-。

伴侶は浦上天主堂を訪れ、

人の手により 造りだされた お堂の...



なぜに清浄で厳かなことか



その

神々しさに打たれ、

感銘を受けたのだという。



いつか  もう一度  来よう



そのときは、

妻となる人生の相方を

連れてくる...再来を誓っていた。



歩きやすい

観光コースからは、

たぶん外れちゃってる。



地元の人が

生活で使うような道を

当てずっぽうに歩いていった。



当たっていたよ大丈夫だ。

先んじて前を行く人もいるし、

矢印が導く方向へ このまま 進も。



...私たちは年の差夫婦。



よって、

慎ましい祝言を

挙げてはいるけれど...



かつての少年が真剣に誓ったことも



大事に果たしたい。

それに したって おかしなものね、

同じ人と ひきつづき 二度目の誓いですもの。



年の差も、

出逢うまでにかかった月日も、

なんて長く離れていたことでしょう。



少年時代はプロローグ。



時を越えて

完結させましょ、

つづきを予感させて終わる...



始まりの始まり風にエピローグ。



着いた...浦上天主堂。



この日、

わたしたちは

古くの誓いを果たした。



聖イエス聖マリアが御見守りの

目の前、いいえ、目の中で、

ひっそり二人っきり。



堅く結いなほす、

夫婦の絆は相身互いよ。

一生二人三脚 足まで結んだ 者同士...



新たに。


*-*-*-*-*