hyakunenseys◇ry ∞

daily÷diary=re...ry...re...lyricall

高 崎 逹 磨 譚 3

・・・二〇一八年、二月七日-。



東京上野駅より群馬高崎まで-。

各停列車で乗りすすぬこと、

111分のプチ旅。



首都圏から

離れてくだる方向は、

人も混みあわず ゆうゆう 快適。



では...でわでわ、寝ますです。



起きていても、

これといって目星になる

車窓景色は そうそう ないであろ。



シートの背もたれを

少々うしろへ傾げ、

うたた寝る。



...zz Z 。°



このとき、

朝7時台の通勤アワー。

どこか途中の停車駅で窓越しに見たは...



都へ なだれる 出勤戦士たち



のぼりは

グリーン車でさえ

スシ詰め状態な慌ただしさだ。



ぼんやりまなこで見送りつ...

またも こっくり こっくり。

うたた寝まにまに...



気がつけば高崎、



着。