hyakunenseys◇ry ∞

daily÷diary=re...re...re...lyricall

rail road journey・浦上天主堂の記憶2

雨は

降ったり 止んだり しまして、

ふりやみ ふりやみ ふあふあ情緒...



泣き笑いの空なのさ。



泣きやんだ隙に、

遺構の佇む庭へと行きませう、

さあ入りませうね...とした...矢先の矢庭、



Σガササ バサ ガコッツ!



真後ろで、

ブッキラボーなブチツケ音が...

場所からして意想外の騒々しさだ、



な ん な の さ。



驚き 桃の木 いいえなんか 南国の木、

けたましい音の出どころったら...

猫 な の さ。



猫の仔

なのさ仔猫ひょこん。

うしろ足の爪でハッシと添え木をつかみ、



一所懸命. . .かわいい.. . ♪・



突然。

突拍子もなく突飛にあらわれ、

聖域のジャングルチックな庭を跳ねるよ、



走る 跳ねる 走る. . .活発・°



だったら

こちらも突如して、

手持ちの お鈴を 鳴らすわよ。



リィーィン .・∴

リィンリィーン .・∴・

リィーィンリィーィン .・∴・°



...どうかな?



そこはかとない残り香みたく、

音色の 尾をひく お鈴だよ。

君がために鳴らしたさ。



そうして

気を惹こうとするわたしを、

しばし不思議そうにみつめつづけて...



そっぽ向く。

興そそられるものが変わったの、

またたくま どこか また 跳ねてっちゃった。



. . .ありがと猫ちゃん。



気持ちがね。

重い歴史ゆえに大切でも、

ひしゃげそうだった...核投下なんて...



空前絶後なんだもの。



なごめたさ。

気を持ち直したところで、

遺構が発しつづけるメッセージを...



受けとりにゆこう。



被爆マリア様には

胴体と眼球が欠けてらした...

こちらの像が かたどる聖人には 首や鼻がない。



原爆の熱線で焼けこげたという説明は、

よく見かけて読み知っていたつもり。

けれど、こうして向きあい、



対峙しますと...



百聞を越える。

すでに風化するものでもない、

その姿でこそ証しつづけてゆくんだ...



生きし像。



物言わずして物言うとは、

無言で語る力...

なのね。



佇む

聖人像の背後にも、

赤い花だわ 赤い花が 咲いて。



目に沁みるな



いつからか、

芽吹き 花咲き 枯れて 芽吹き...

もういくつ季節を経巡ったでしょう。



千羽鶴...

ここにも手向けられて。

のちのち気付いてゆくけれど、



この日は

市内の至るところに

折り鶴ちらほら...吊りさげられてあったの。



それは

目立たないような隅っこにも、

大小の規模を問わずにささやかに。



一羽一羽を

一人一人さまざまな方が

祈りをこめて 折りこんだから、かしら...



かさね合わせた両手にみえる。



*-*-*-*-*