hyakunenseys◇ry ∞

daily÷diary=re...ry...re...lyricall

高 崎 逹 磨 譚 4


市内を循環するぐるりんバスに

乗るつもりをひるがえし、

電車で来たよ八幡町。



噂に聞く手動扉を見たかったの



内と外、

両側に付いている

ボタンぽちっと押してね...



自分で開けるのよ電車扉



自動で

開閉するものとばかり...

所変われば品変わるなのですね。



女性車掌さん。

行くえを 見据えて きりり、

走りだす...発車オーライ...バイバイ。



...たぶん、一期一会。



に、なろうかな逹磨寺は。

みずから逹磨を求めて、

願掛けはしないさ。



...雪、のこってるね。



関東平野の端っこ群馬。

赤城颪で名を馳せる群馬。

レール脇には なごり雪だよ 青い影。



それでもこの日、

高崎としては暖かいほう

だったんですって...し・ば・れ・るっ。